心臓ドック

早期発見

病室

大きな病気に罹る前には、必ず前兆のような異変が体に訪れます。
病気を早期発見することは、治療において重要なことです、そのため、体に現れる前兆は明確に見極めなければなりません。

病気に詳しくない一般の人は、どういった状態が病気の初期症状にあたるか、わからないものです。
病気が進行していても、自覚症状が現れない場合もあるため、定期的に病院に行き、自分の体の状態を検診してもらう必要があります。

そこで、利用できるのが人間ドックです。
検査によって体の各器官を調べることができるため、今まで分からなかった病気も発見できることがあります。
心臓ドックなども利用者が多く、心臓や動脈の状態を調べることで、動脈硬化などの病気の有無を調べられます。

頸動脈エコー検査

病院の廊下

心臓ドッグで受ける検査として、動脈硬化の有無を調べられる頸動脈エコー検査があります。
首の近くにプローブという機械を当てることで、血管の厚さやつまり具合を知ることができるのです。

詳細を確認する

腹部CT

病院

心臓によるCTスキャン以外でも、心臓ドッグでは腹部にCTスキャンを行うことがあります。
他の内臓への脂肪のつき具合から、心臓周辺に対しての内臓脂肪のリスクを計れるのです。

詳細を確認する

血液検査

ハートに火をつけて

心臓ドッグでは、血液検査によっても心臓病が引き起こされるリスクを調べることができます。
血糖値や血液に含まれるコレステロール値を調べることで、心筋梗塞や狭心症などを早期発見することができるのです。

詳細を確認する

検査を終えた後

聴診器

心臓ドックを終えたあとは、医師から分かりやすく結果を知らせてくれます。
検査結果から注意すべき点が見つかったときは、生活習慣を改めるよう、医師から具体的なやり方を教えてくれるため、きちんと聞いて、役立てましょう。

詳細を確認する

Copyright(c) 2014 病院で受けられる、心臓ドックの必要性とは. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com